マンションナビで売却活動ってどんな風に進めるの?現在の住処を引っ越してから?

マンションナビを使って一括査定するまではイメージがつかめるけれど、そもそもその前に現在の住処は引っ越しして開けておかなければならないの?という疑問を持つ人ってわりと多いようです。今現在住みながらでもタイミングよく売却活動を行うにはどう考えれば良いのでしょうか。

住むところがしっかり確保できていないと不安なタイプはこう考える

現在の住処を離れることにはなりますが、さっさと新居を決めてしまえればとりあえず安心感はありますよね。そういうタイプの方は、ぜひマンションナビを使ったとしても売却の前に購入や借り入れを先に考えてみましょう。引っ越し済みだったら、内覧時にも比較的綺麗な状態で見せることができるので、モノが多い人などには有利かもしれません。しっかり高値で売れるかどうかはわかりませんが、最終的にはいくつも手段があります。どのくらいの期間を売却にあてるかは、ローンの残り具合やお財布事情と相談の上決めて行けばよいです。3~6ヶ月を目安に売却できれば、希望通りの戦略が打てるかもしれませんよ。

確実に売却が決まってからでないと安心して転居できないタイプはこう考える

まずはしっかりマンションナビを使って希望をかなえてくれそうな不動産会社をしっかり選びます。現在の家はもちろん、住み続けながら売却活動はできます。ただ、内覧希望が来た時には印象を良くするために最低限、綺麗な状態を保つことが必要です。そして売却が決まったらあけ渡しをしなくてはなりませんので、急いで引っ越さなくてはなりません。購入は改めてゆっくり考えるとしても、とりあえずの仮の賃貸で、ざっくりとどのあたりに住むかなどは計画しておく方が良いでしょう。すぐに転居できる体制を整える準備が大事です。

売却購入同時進行はなかなかしんどいけれど賢くできれば理想的

急に家族の転勤が決まったなどで急いで売却と新居の購入や賃貸を考えなければならない場合は、悠長なことは言ってられませんよね。早急に同時進行をしなくてはならなくなります。もちろん、お金持ちで余剰金がたっぷりある場合はどちらかを先に、ということも可能かもしれませんが・・・まあ、現実的にそういった方も少ないでしょう。マンションナビの一括査定で時間をできるだけ節約し、不動産会社を選んだあとは、売却も購入も同時に依頼してしまえばよいのです。そうすれば、打ち合わせのたびに現在の家の内覧申し込み状況などもわかります。どちらかが先に決まればあとを急がなくてはならないというリスクはありますが、それでもしっかり賢く計画を立てておけば、手続き上は一番手間が少ないかもしれません。自分がどの方法をとるかは、しっかり予算に合わせて検討してみてくださいね。

投稿を作成しました 9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る