買取と売却と賃貸ってどう違う?マンションナビで一括査定できる内容を比較

マンションナビを使ってみようかと考える人の中には、「買取」「売却」「賃貸」をイメージだけでとらえ、しっかりと説明できない人も多いのではないでしょうか。筆者もそうでした。誰でも簡単的確に表現できるよう、素人なりに内容を比較してみました。

買取ってこういうこと

マンションナビを使って何よりスピーディーにコトをすすめ、さっさと売りたいなら一番おすすめなのが買取です。自分が売主であるところは売却と変わらないのですが、売る相手が不動産会社になります。そのため、会社が買い取ったあと、販売する時の利益分を見越して買い取るので、相場より低い額になるのが一般的です。ただ、プラスとなるポイントがあるなら評価が高いこともありますし、買取の場合は仲介手数料が不要になります。価格で言えば、買取と売却とはさほど変わらないパターンもあるということです。何よりのメリットは、数日~数週間で売る手続きがすんでしまうということです。

売却ってこういうこと

売却は、不動産会社を仲介業者として利用し、売ろうとしている自分が直接買主に不動産を売るというスタイルです。相場よりも高く売れる可能性があるので、頑張れば利益が出る可能性もあります。ただ、当然買主が現れなければいつまでたっても売買が成立しません。その営業活動期間に1ヶ月から、長ければ1年近くかかることもあるので、計画的に値段を下げたり広告戦略を変えたりしなくてはなりません。すぐに買主が見つかったとしても、手続きなどのからみで売却までに最低でも1ヶ月はかかると考えた方が良いでしょう。仲介業者に仲介手数料を払うのと、引き渡しの際のクリーニング代やその他もろもろの諸経費がかかるので、最終的には買取と変わらない値段になることもあります。

賃貸ってこういうこと

賃貸は一番身近かもしれませんが、実際に自分がオーナーになって部屋を貸し出すということです。分譲マンションも、不動産会社を仲介業者として貸し出すことが可能です。ただ、入居者が入らなければ赤字とか、積み立てておかなければ修繕費がかかるとか、やっかいな入居者が来る可能性などリスク部分も多いため、よほど資金に余裕があり、オーナーになってみたい人でなければおすすめできません。

マンションナビを使うならメリットデメリットを考えて依頼をしよう

マンションナビでは、買取と売却と賃貸の3種類を可能にしてくれる不動産会社を選ぶことができます。一括査定する前に、とりあえずざっくりでも良いのでメリットとデメリットを考えてどんなスタイルにするかを考えておきましょう。そして不動産会社に詳しい査定をしてもらって決めると、時間の節約にもなりますし、後悔が少ないと思いますよ。

投稿を作成しました 9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る