現在の住居売却と新居購入どっちを先にすればいい?マンションナビで査定する前に考えたいこと

今現在住んでいる愛着のある分譲マンション。でも引っ越さなくてはならない事情って人それぞれにあると思います。大抵の場合、急いで新居をどうするかを考えなくてはならないのではないでしょうか。マンションナビの査定を使う前に、お金の観点から売却と購入どちらを先にした方がお得かを考えてみましょう。

マンションナビを使う前に考えておきたいのは新居購入の大まかな計画

さあ、これからマンションナビで一括査定をしてみようと意気込んでいる方にとっては、いまさら何を?と思うかもしれませんね。でも、しっかり考えておかないと困るのが先々のことです。現在の住処を先に売る方が良いのか、新居を先に購入した方が良いのかは、どちらも同じくらいのメリットとデメリットがあります。住むところがなくなる不安が大きいか、売却によるお金が思うように入ってこない不安を重視するかは、性格にも寄るかもしれません。一番スムーズで理想的なのは、希望通りの金額で希望した時期に現在のマンションが売れ、同時期くらいに新居も決まって購入できることでしょう。だけどそんなに理想通りに進めば誰も苦労しませんよね。

ローンの有無でも考え方はいろいろ変わる

新居購入にあたって一番影響を与える問題がローンの有無でしょう。現在住んでいるマンションも、よほど裕福で一括購入したのでもない限りは、ローンを組んでいるはずです。間違えてはいけないのは、たとえローンが残っていたとしても、現在のマンションを売却することも、新たなマンションを購入することも可能です。その場合、あらたに買い替えローンとか、住み替えローンとか呼ばれているものを利用します。ここで問題になるのは、現在の住処を売却するにあたっては、一旦全額一括返済しなくてはならないという点です。どうしても抵当権のからみがあるので、新しいオーナーに引き渡す時にはお金の面でも綺麗な状態にしておかなくてはなりません。新たなローンでまかなうにせよ、売却した額でまかなうにせよ、どのくらいの差額が出そうかある程度考えておかなくては、予想していたよりも足りなくて苦しい生活に突入することも考えられます。新たなローンに足りない分を上乗せしなくてはならなくなるからです。

収入と支出のバランスをある程度計算してうまくコトをすすめよう

マンションナビを使ったとしても、高額で売れる保証はまったくありません。ただ、いつごろまでに売りたいか、どのくらいに自分たちは引っ越すのか、どこへ引っ越すのかくらいは、ざっくりと決めておくほうが売却の戦略もたてやすいのです。金額の細かな計算は不可能ですが、それでもざっくりと予想し、収入、支出のバランスを考えて転居の時期を考えてみてくださいね。

投稿を作成しました 9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る